牽引免許を取得すると就職に有利【持つ意味が高い免許】

プライベートでも使える

教科書

独学での取得も可能

牽引免許は運転車両の後部に750キロを超える車両を連結して運転する際に必要な資格で、トレーラーの運転など運送業でよく活用されます。キャンピングトレーラーの運転が可能になるなど、仕事の場面以外にプライベートでも利用価値のある免許でもあります。牽引免許を取得する方法には2種類あります。1つ目は、指定の自動車教習所に入校して資格を取得する方法です。適性検査を受け、自動車学校で牽引免許に必要な技能を学びます。技能講習終了後は卒業検定を受け、合格後に運転免許試験所で適正試験を受験します。適正試験に合格すると牽引免許を申請し、取得後講習を受けることで免許が交付されます。牽引免許の講習を行っていない自動車学校もあるため、確認を取ってから入校を申し込むと良いでしょう。牽引免許を取得する2つ目の方法は、直接運転免許試験場に行き自分で試験を受ける方法です。一発試験とも呼ばれる方法で、自動車教習所に入校せずに自分で牽引免許試験に臨みます。時間やコストを抑えることができますが、独学で試験を受けなければならないため一発試験の合格率は低くなっています。牽引免許の技能試験は予約制になっているため、事前に試験場に問い合わせ予約を取る必要があります。また、試験当日は運転免許証と写真が必要であるため、受験料とともに準備をしておかなければいけません。第一種牽引免許を受けるためには18歳以上で、普通免許・大型免許・大型特殊免許を取得している必要があります。また、視力や聴力などの基準も設けられています。視力については両眼で0.8以上必要となります。視力検査は眼鏡やコンタクトでも可能であるため、事前に度数を合わせ準備をしておくと良いです。事前に準備をして余裕を持って試験に臨むことが大切です。

Copyright© 2018 牽引免許を取得すると就職に有利【持つ意味が高い免許】 All Rights Reserved.