牽引免許を取得すると就職に有利【持つ意味が高い免許】

取得が難しい運転免許

標識

車庫入れが最大の難関

自動車運転免許には様々な種類がありますが、中でも牽引免許は非常に難しい免許と言えます。1種免許と2種免許があり、1種免許は自動車教習所における技能検定がありますが、2種免許は運転免許試験場で技能試験を受けるしかありません。大型運転免許に比べるとはるかに高度な技能が必要になりますので、牽引免許を取得するためには自動車教習所での講習を受けることがお勧めです。自動車教習所で牽引免許を取得する場合のポイントはコースを完璧に覚えておくことです。どこでどのように運転すればいいのかを覚えていなければ一発で技能検定に合格することはできません。コースを完璧に覚えておけば、余裕をもって運転することができますので、試験の際に必要な安全確認も余裕をもって行うことができます。安全確認を怠ってしまうと、どんどん減点されていきますので、試験中止になってしまうこともあります。また、大型免許の試験と同様に脱輪や白線踏みにも十分に注意が必要です。コースの道幅は狭いので、S字に入る際には脱輪に気を付けなければなりません。大型よりも内輪差が大きいため、S字の入口で注意が必要です。そして、牽引免許を取得するための最大の難関が車庫入れです。早く車庫に入れようとして車体を折りすぎてしまい車庫に入らないケースが多いので、落ち着いてハンドルをさばく必要があります。きれいな車庫入れをするためにはハンドルを切るタイミングが重要になりますので、そのタイミングを学ぶことです。

Copyright© 2018 牽引免許を取得すると就職に有利【持つ意味が高い免許】 All Rights Reserved.